素材について

CSテック
Champion Systemは各スポーツの競技のパフォーマンス向上を目指して独自の生地開発を行っています。Champion Systemのジャージをはじめとする主なアイテムは、マイクロファイバーCS-Techポリエステルウィッキング生地で出来ています。吸水拡散性に非常に優れたおり、運動をして汗をかいた際に、肌の上にある汗や水分を素早く吸い込んでくれます。その後、生地の上で水分が拡散し、同時に大気中に蒸散して素早く汗を乾かします。


CSテックメッシュ
CSテックメッシュとは、プリントすることが可能な伸縮性の高いメッシュ生地です。
形状を保持し、優れた弾力性を持ち快適な通気性を備えています。
サマージャージ、サマーショーツに使用されています。


CSウィンドガード
ウィンドガード生地とは、Champion System独自で開発した防水と防風の透湿性能を持つ超軽量のシェル素材のことです。
雨の粒子や寒風の浸入を防ぐと同時に高度なレベルでの汗の放出をする特性があります。Champion Systemのウィンドジャケットやウィンドベストは、このウィンドガード生地で出来ています。


CSハイドロドライ
通気性、速乾に優れ、水をよせつけません。
伸縮性が高く、体にフィットします。


CSエアーライト
通気性、速乾性にも優れ、汗で体を冷やしません。
伸縮性が高く、超軽量、UPF50+でお肌を保護します。


CSヘリウム
超軽量、UPF50+、通気性、速乾性に優れる。


UVプロテクション

チャンピオンシステムの製品は永久UVカット加工された糸で編まれています。

UPFとはUltraViolet Protection Factor(紫外線保護指数)の略称で、南極のオゾンホールの影響を最も受けているオーストラリア/ニュージーランドで定められたUVカットの世界的基準値です。紫外線(UV)の人体影響度(=肌に紅班が現れる)基準評価で、数値が大きいほど紫外線の影響を防ぎます。


最高値は50+で、何もしない状態に対し時間的に50倍有利であるということです。
分かりやすくいうと、夏の太陽光の下で、皮膚が赤くなりはじめる時間を約50倍以上遅らせてくれるということです。化粧品で言うとSPFに相当します。
UPFは3段階に分類されており、

UPF40~50+  : UVカット率95%以上(Excellent)
UPF25~39  : UVカット率90%以上 (Very Good)
UPF15~24  : UVカット率85%以上 (Good)

例>UPF50とは、何も肌につけていない状態で15分間で日焼けする日差しを、UPF50表示の衣類を着用することにより、15分×50(UPF値)=約750分間(12時間30分間)まで浴び続けないと同様に日焼けしないことを示しています。